[gdown] "Access denied with the following error:"でファイルがダウンロードできない際の対処法

2022年5月6日金曜日

Python

本記事では、Pythonのライブラリ"gdown"使用時に"Access denied with the following error:"のエラーが発生した際の対処法をご紹介します。

アイキャッチ

エラー事象

Pythonライブラリgdownを使用してGoogle Drive上のファイルをダウンロードする際に下記エラーが発生

Access denied with the following error: Cannot retrieve the public link
of the file. You may need to change the permission to 'Anyone with the link', or
have had many accesses. You may still be able to access the file from the

browser: https://drive.google.com/uc?id="ファイルID"

対処法

対処法その1

ファイルIDの再確認、閲覧権限の有無

そもそもファイルIDが正しいか、Google Drive上のファイルの共有設定が「リンクを知っている全員」であるか確認しましょう。

ファイルが削除されている場合や、ファイルへのアクセス権限が変更されておりアクセス権がない場合があります。

確認方法としては、「https://drive.google.com/uc?id="ファイルID"」のリンクにアクセス可能か確認しましょう。

対処法その2

gdownのアップデート

Google Drive側の仕様変更などにより、gdownを使用してファイルがダウンロードできない場合があります。
gdownのバージョンアップによって解消される可能性があるためgdownをアップデートしましょう。

pip install --upgrade --no-cache-dir gdown

対処法その3

時間を空けてみる。

元も子もないですが、エラー要因がGoogle Driveの仕様変更や、gdownのバグなど自力では対処できない可能性も大いにあり得ます。

上記2点を試してみてうまく動かないのであれば、エラー解消に何時間と費やす前に一旦置いといて後日試してみるのも一つです。 場合によっては、急にうまくいく場合があります。

急ぎの場合は、「ドライブへのショートカットを追加」→「マイドライブ」→「任意のご自身のGoogle Drive」を設定し、ご自身のGoogle Driveから取得する方法でエラーを回避することも可能です。

まとめ

根本解決には、gdownの実装を確認する必要がありますが、労力に見合わないため暫定的な対処法を3つ紹介させていただきました。
Google側の仕様変更等にも影響されるため深追いせずうまくいかない場合は一旦「Google Driveへショートカットの追加」や、ローカルにダウンロードしてしまうなどの対応をお勧めします。

AIエンジニア向けフリーランスならここがおすすめです

まずは無料会員登録

プロフィール

自分の写真
製造業に勤務する傍ら、日々AIの技術動向を調査しブログにアウトプットしています。 AIに関するご相談やお仕事のご依頼はブログのお問い合わせフォームか以下のアドレスまでお気軽にお問い合わせください。 bhupb13511@yahoo.co.jp

カテゴリ

このブログを検索

ブログ アーカイブ

TeDokology